なぜか目に留まる気になる事

実家に住んでいた子供時代での事が多いのですが、なぜかTVでチャンネルを回していると偶然
「ローザンヌ国際バレエコンクール」に当たることが多く、観ようと狙っていたわけでもないのに、観ることが多かったです。

年に一回しか行われないコンクールであるのに、よくまあ、たまたま当たったものだと思うわ!
(ちなみに、エアロビクスの大会にたまたま当たれば、それも好んでみていました(^ ^))


一番の思い出は、も~う、もちろん熊川哲也さんの回でした(*´艸`*)

はっきりと、他の出場者と比べて、ずば抜けていましたものo(°∀°)o
いや~、凄かったわ~♡(´∀`人)

でも、他の年の事はあんまり覚えてないわ~(/ω\)




それから、今日、Yahooニュースでたまたま目にしたのですが、
「日本敵視外国人を育てる日本人エリートたち:JBpress 2/14(火) 6:00配信 」
が良かったです~(^ ^)


これを読み進めていて後半に出てきた彼の名前に驚き!(☉ω☉; )

彼とは、パール博士(判事)のこと。

最初に目にしたのは子供の頃、何歳だったかは覚えていないわ(´д`、)
家でとっていた新聞に小さな記事が出ていて、そこにパール判事はただ一人、太平洋戦争において日本は無罪であると主張した人だというようなことをちらっと見たのでした。

その時の私は、特段そういう事を直接吹き込まれていた自覚は無いのだけど、なんとなくテレビのニュース等から、戦争については当然日本が悪かったのだ、と思っていたから、ちょっとぎょっとした事を覚えている。


しかし、社会人になってから、たまたま青空古本市場に出くわして立ち止まり、目に留まったのがパール判決所に関するとても古い本!

何となく運命?を感じて立ち読みしまして、判事としてきちんと証拠集めをして、公平に判断したことに感動したわ~。

ただしその時は、買い物に出かけたのではなかったから、財布を持っていなくてね~(^_^;)
その本を買わなんだ・・・残念。


そして、今日、三度の再会?で、こんな記事を書いているわけです(^ ^)


ここでちょいと、ウィキペディアから一部抜粋を。
(→以降は私の感想です。)


「戦争に勝ち負けは腕力の強弱であり、正義とは関係ない。(パール判事)」
→本当にそうよね~。


(このことが)日印の友好の象徴になっている
→そこまでこの内容について日本で広く知られているとは思えないわ~(泣)
 国際的感覚を持つためにも(「国際的」という事を単に「英会話ができること」とする風潮がいまだに強い(ように思う)ことに危機感を覚えます。)、いたずらに日本人が自虐的にならないためにも、もっと知るべきである!!



こんな事を書いておきながら、私もよくは知らず・・・。
パール判事の顕彰碑や記念館などがあったんですね~。

もしや、皆良く知っていて、私だけが知らなかったとか?!(゜゜;)(笑)
(それなら逆に嬉しいかも(^_^;))



【おまけ】
20170217 110
先日、バレンタインデーにと夫からのプレゼント♪と立ってクンクンするメルティン(*´艸`*)




人気ブログランキングへ

にほんブログ村



チャンネルを回しているとよく当たる、フィギュアスケートの大会を観るのも大好きだったわ~♡(´∀`人)
特に、旧東ドイツのカタリナ・ビット選手が好きでしたo(°∀°)o
カルメンが良かったわ~。
真夜中に眠れなくてつけた深夜テレビで観た、シュテフィ・グラフの圧倒的な強さも強烈でした(☉ω☉; )
何の大会だったかは覚えていないけれど、当時彼女(すでに強くて有名だったけれど)が17歳でその強さか!!と大いにショックを受けた事覚えています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

よろしかったらポチッとな
プロフィール

Popo-Punchi

Author:Popo-Punchi
自然と平和を愛する妻のポポです(´ω`) 現在、優しい夫に見守られながら、体力増強中♪
イラストは作画ムッキーさんのおかげで、実物より可愛く仕上がっております(●ノω`)

ようこそ
誰かいる?
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
6422位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

1372位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス解析
タグ

猫シャンプー おもてなし 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR